後ろ姿

忠治兄が長崎におられた頃、いつも杖をついて、ゆっくりと教会まで歩いて行かれていました。その歩いておられる後ろ姿が印象的でした。
その後ろ姿から、いつも(きよらかだなー)という印象を受けていました。なぜだろうと思って祈ると、それはいつも聖書を読んでいるからーという答えが来ました。
いつも聖書のみ言葉が、絶えず心の中にあり、神様といつも交わっておられるんだろうなという感じでした。
今でも、暖かいその後ろ姿が目に浮かびます。そして教えていただいたことです。 ヤマモト


この記事へのコメント