父の思い出〜幼い頃

幼い頃、父は怖かった。

とても愛情は豊かな人でした。

でも、一旦怒り、「まこと」と父が叫ぶと、
私の体はこわばり身動きできなくなり、涙が出てきた。

父は短期で感情的な人でした。

怒ると本当に怖かったです。

前夜式の時、私より7学年、6歳上の一番上の姉が、
「孫たちにとっては、
 おじいちゃんは優しいかったかもしれないが、
 私には、やはり怖くて厳しかった。」
と言ったのが、印象的でした。
姉は十字架を背負ったのだと思います。

父は、歳を取り、とても優しく、柔らかい人に変わっていきました。

私の妻は
「結婚して良かったのは、舅と姑さんが良かったこと」
と真顔で言いいます。
妻の本音だと思います。
確かに父は変わりました。

いろんなことがありましたが、
64年間?、教会から、キリストから離れなかった父。

母といろいろとぶつかり喧嘩もしながら、
それでも62年間、向き合い続けた父、

だから神様の愛の中で、
父は変えられて行ったのでしょう。
イエスさまの恵みは尽きず、
聖霊さまの助けを受けて、
父は長い年月をかけて、キリストに近づいていつたのだと思います。


posted by 20161017 at 18:33Comment(0)日記